書道に悩んでいる人へ届けたい。年齢、経験に関係なく、無限に上達する「優美文字&優美メソッド」。賞や段にとらわれず、誰もが美しいと思える「優美」を目指す。ペン、毛筆(大筆・小筆)、全てにおいて、ひらがな・カタカナ・楷書・行書・草書・隷書からアート書までを美しく書け、自信を持って人に教えることのできる「師範」の育成。そして実力ある「書家」への道。

プロフィール

浅井微芳 プロフィール

「優美」な世界を創る

 浅井微芳 プロフィール

  浅井微芳
(書家・書道教師)

書の盛んな春日井市に生まれ4歳より筆を持つ。
1994年 「優美舎」を設立。
1996年 設備を整え「優美舎」を移転する。
1998年 第一回優美舎作品展を開催する。
1999年 第二回優美舎作品展を開催する。
2000年 ギャラリー遊を設立。書家としての活動を始める。
      「アート書」が注目され、ラジオ、テレビ、新聞、
      雑誌など数多くの取材を受ける。
2001年 第三回優美舎作品展を開催する。
      書とピアノのコラボレーションを創作する。
2003年 第四回優美舎作品展を開催する。
      独自のパフォーマンスを「筆舞」として活動する。
2004年 第五回優美舎作品展を開催する。
2005年 陶磁器に書を入れた作品制作を始める。
      第六回優美舎作品展を開催する。
2006年 東京パレスホテルにて個展・筆舞公演。
      名古屋白鳥庭園清羽亭にて筆舞公演。
2007年 第七回優美舎作品展を開催する。
      安藤忠雄氏建築物「番匠邸」にて個展・筆舞公演。
2008年 ニューヨーク/マンハッタンにて個展・筆舞公演。
      「筆舞」を商標登録する。
2009年 第八回優美舎作品展を開催する。
      優美舎稽古スタイルを改善、道具レンタル制を実施する。
2010年 童話・絵本の制作を始める。
2011年 これまでの集大成として第九回優美舎作品展を
      「アート書フェスティバル」として開催する。
      「筆舞®」を舞台作品として完成させる。
      塾生のパフォーマンス「傳」を創作する。
2012年 優美検定を確立する。
2013年 所作や従来の作法をまとめた優美稽古を実施する。
2014年 「筆舞®」をライブと舞台作品に分けて活動する。 
2015年 フランス/パリ:ジャパン・エキスポに参加する。
      ポーランド日本美術技術博物館21周年記念式典に
      招聘され筆舞®4演目を公演、映画の巨匠アンジェイ
      ・ワイダ監督の賛辞を受ける。
      作品三点を同美術館に寄贈する。
2016年 ポーランドを代表するファッションデザイナー:
      ヨアンナ・ハウロットとのコラボレーションにおいて
      ヨーロッパ着物や洋服に合わせた「書」に挑戦する。
      ワルシャワにて筆舞公演
2017年 ヨアンナ・ハウロットをギャラリー遊に迎えコラボレーションする。
      ポーランド日本美術技術博物館23周年記念式典に参加する。
      「書道白書」を出版する。

作品は多岐に渡り、額、掛軸、着物、帯、洋服、カーテンなどのインテリア、壁、襖など部屋デザイナーズ、ロゴなどを制作する。


         
「優美」な世界を創る


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional