音楽と書道は集中力がつく最高の組み合わせ?

字を書くたびに緊張してしまったり、ストレスがかかって字を書くのに集中できなかったりすることはありませんか?

そんなときにおすすめなのが、「音楽を聴きながら字を書く」という方法です。

音楽は書道ととても相性がよく、集中力をつけるのには、とても良い組み合わせなのです。

今回は、音楽を聴きながら字を書くことで、書道に集中する方法について解説していきます。

目次

なぜ書道に音楽があるといいのか

なぜ書道に音楽があるといいのか

集中して字が書けないと、「静かな空間で気を落ち着かせて書こう」と思われるかもしれません。かつては私も、「書道は静寂のなかで精神を集中して書くのが一番」と思っていました。

でも、日常生活において、そういう環境を作るのはとても難しいことですよね。

自分では無音にしたと思っていても、人の話し声、車の走る音、工事の音など、周りに雑音がどうしても入ってきてしまいます。都会に住んでいればなおさらです。

そういった外の音から邪魔されない環境を作るためには、その騒音とは別の音を用意することが必要だと気づきました。

そこで、「あえて音楽を流す」という選択肢が浮かびました。騒音で心が乱されるより、気持ちが整う音楽を聴きながら書いたほうが良いと思ったわけです。

どんな音楽が良いのか最初はわからなかったので、さまざまな音楽をかけながら字を書いてみました。そのうちに自分にピッタリの楽曲が見つかり、今までよりも明らかに集中して書けるようになったのです。

音楽をかけながらの書道は集中力を養うのだと、実感した瞬間でした。

音楽を流すことで、雑音を消して、集中する音楽に囲まれた空間ができ上がります。勉強中や仕事中にも、音楽をかけるとはかどるという人は多いと思いますが、これは書道においても同じです。

適度なBGMが、字を書くことに集中させてくれるのです。

集中できる自信がない人でも大丈夫

以前、書くことが嫌いな方から相談を受けたことがありました。

仕事で大勢の人の前で書くことになってしまい、書道を習いたいのですが、集中してできる自信がありません。

とのことでした。

そこで早速、音楽をかけて書くことをおすすめしました。

初めて筆を持つ人は特に、慣れない筆の扱いかたに戸惑いを感じてしまうことも多々あります。そのせいで、集中できなくなってしまうこともしばしば。

そんなときに、心地よい音楽が流れてくると、緊張感がほぐれてスムーズに筆を運べるようになります。

この方には当時、私の持っているCDの中から、クラシックやヒーリング系の楽曲をいくつかお渡ししてみました。

「ゆっくり始められたらいいですよ。その時の気分で違う楽曲でもいいと思います。とにかく、リラックスして筆を持つことができれば大丈夫です」とお伝えしました。

音楽を聴きながら書く方法はとても効果的だったようです。半年ほどたってから「不思議なくらい、落ち着いて書けるようになりました」と、彼女から嬉しい言葉が返ってきました。

曲をかけながら字を書くことで、緊張をほぐしながら自然体で筆を運べるようになります。そのおかげで、自然と集中できるようになってくるのです。

音楽のある書道のメリット

音楽のある書道のメリット

書道に音楽があるとなぜ集中できるのか。それには、次の2つのポイントがあると思います。

  1. リズムに乗って書くことができる
  2. 好きな曲を流せば気分が良くなる

これらが、音楽と書道を組み合わせることのメリットです。

まずポイントとなるのは「リズム」です。

字を書くという行為は、実はリズムがすごく大事になってきます。筆を持ち、文字を書いていくのには、リズムがあると書きやすいのです。

線を一本書いたあとにピタっと止まってしまったり、逆に次の線を焦ってどんどん書いてしまったりすると、字のバランスが崩れていってしまいます。そうならないためにも、リズムよく筆を動かしていくことが重要です。

そして、そのリズム感をつけるために一役買ってくれるのが、後ろで流れている音楽というわけです。

「リズム、リズム」と意識しなくても、音楽がかかっているだけで、自然とリズムをとって書けるようになってきます。無意識にリズム感がついてくるため、字も自然とバランスよくなってくるわけですね。

さらに、お気に入りの音楽とあわせて字を書いていけば、当たり前ですが気分も良くなります

自分の好きな楽曲ですから、聴いているだけでも楽しいうえに、そのリズムと筆を動かすポイントがピッタリ合ったときには、嬉しくてポジティブな気分になります。

そのようにして繰り返し何度か書いていくと、だんだん書くこと自体が楽しくなってきます。字を書くことに対する苦手意識や、緊張感などもほぐれてくるわけです。

もちろん、毛筆だけではなく、硬筆(ペン字など)にも同じことが言えます。ペン字を練習するときでも、音楽を聴きながら書いていけば、自分の満足いく結果を出せると思います。

ペンを持つことが苦手な人にとっては、まず「リラックスした環境づくり」が大切なのです。

書道におすすめの音楽は?

書道におすすめの音楽は?

では、どんな楽曲を選べばいいのでしょうか。

これはもちろん、あなた自身が一番リラックスできる曲がベストではありますが、何から選べばいいかわからない場合もあると思うので、おすすめをお伝えしますね。

まず、集中しながら字を書くことが目的ですので、「静かで落ち着く曲」を選んでください。

ロックやパンク、メタルなどといった、激しい曲調のジャンルはあまりおすすめできません(もちろん、状況によってはノリのいい曲のほうが合っているという場合もあるかもしれませんが、基本的にはひとまず避けておきましょう)。

そうなると、おすすめとしてはクラシック音楽やヒーリング系の楽曲になります。

中でも、「ピアノ曲」は書道の環境づくりにピッタリだと思います。シンプルなピアノだけのメロディーが雑念を取り払ってくれて、筆を動かすリズムときれいに同調してくれます。

私自身、いろいろな楽曲を試してみましたが、一番しっくりきたのは「ショパン」の曲です。

クラシック音楽の他のピアノ曲よりもシンプルで親しみやすく、筆を動かすリズムにも寄り添いやすい曲が多い印象です。

複雑な技巧を使った曲よりも、川のようにさらさらと流れていくようなショパンの旋律が私の書道を作り上げています(お稽古の際にも、教室ではショパンをかけています)。

もし、どんな音楽をかけようか迷ったときには、ぜひショパンの曲も一度試してみてくださいね。

まとめ

今回は、「音楽をかけることで、集中しながら字を書くことができる」というポイントをお伝えしました。

音楽と書道。この2つを組み合わせた練習が、「字を書くこと」を好きになっていただくためにも、最高の方法だと思っています。

書くこと自体が楽しくないと続けられません。

上達を見込むのはそれからですし、継続できれば、個人差はあるにせよ、必ず上達していくことができます。楽しく続けるためにも、リラックスした環境を整え、リズムに合わせて筆を動かしてみましょう。

ぜひあなたも、自分の好きな曲を聴きながら書いてみてくださいね。

無料体験してみませんか?

書道塾優美舎では、自分の字に自信をつけたいという方へ向けて、ペン字の無料体験レッスンを行っています。

書道教室選びに悩まれている方は、ぜひ一度お気軽に当塾までお越しくださいませ。

師範から、マンツーマンの体験レッスンと塾の説明をさせていただきます。

気に入られたら、シェアをお願いします
目次
閉じる